読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久々

私の主人は怪談話など、苦手です(笑)

けれど彼は見える人なんですよね。

茨城県水戸市偕楽園に行きました。
年に1夜限りの 夜梅祭りに行ってみたいとお願いして、重い腰をあげてくれました。

近い駐車場に車が停められました。

そこは、駅の前の駐車場で、トイレがあったため我慢してた私は先に車を降りてトイレへダッシュしました(笑)

主人は、タバコを吸ってから行くと言っていたので、私が用をすまして外へ行くと、なんだか主人の様子が変で小走りで近くによりました。

なぜか誰かを探してるみたいで、聞いてみたら

車を停止させた前方に自販機が2台あり、私が降りたのを目で追っていたら
自販機の横にピンクのパンツをはいた
髪長い女性が駅側を向いてうつむいていたそうです。

なんとなく、変だな~と思いつつ私がトイレに入ったのを確認して、目線を戻すとその女性は居なくなっていた。

主人はすぐ車を降りて、探してたそうです。
ほんの5秒で消えたので、何処かに歩いて行ったのか。

道を見てもいない

ピンク色と目立つパンツだと、暗くてもわかりますからね(笑)

話を、聞いて
あぁ、また変な時に見たなと思いました。

私は車降りた時、自販機を見ながら迷ってたんですよね
お茶買って行こうかと。
その時、上が白下がピンクの洋服の人が横に立っていればいくらなんでも気付きますしね。

まぁまぁと落ち着かせて、梅を見に行きました。

ライトアップされた梅は綺麗で、私は夢中で写メを撮っていて
主人も写メを撮っていたんですが、
なんか…変なんだよね~と写メを見せてくれました

少し笑えましたが、
同じ場所から撮っていたんですが、
1枚目~4枚目すべてに半分モヤがかかっていて、
3枚目が少し人形っぽくモヤがかかっていました。

先ほどの事もあり、即削除してしまい(笑)
証拠は残ってないですが、そんな体験をしました。

主人は結構、ふとした時見る体質で
心霊系が、嫌いなんで普段気にしていないようですが、
多分、今までの話を聞いた私は
見る気になれば見える人
と思っています。
本人が受け入れていないから、たまにで
済んでいるんだなと。

直感も鋭いので、大きな事故などは避けてはいるものの
体調が悪かったりした時は必ず見るんですよね。

スピリチュアルが好きな私は、羨ましく思う時もありますが、心配にもなります。

本人は嫌だと言ってますが、
子供の頃、遊んでて戦国?時代のお墓を見つけたり(笑)
ズボッと落ちたら、鎧きたドクロですからね。
大騒ぎだったそうです。いい意味でも。

元々、お城跡近くに家があるため
遊んでて歴史のもの発見って凄いなと。

またその近くに、いわくの古墳があり、小判などが未だにあるみたいですが、遊び半分で知り合いが持って帰ったら原因不明の高熱が続き、大学病院でも分からず寝たきりになってしまい当時幼かった主人は
その子の祖父に話したらものすごい怒られたそうです。

祖父が、その子を連れて小判を返しお酒を捧げたらその日に回復したそうです。

だから呪いなどは、存在すると言います。
けれど、自分には何も出来ないから幽霊から何か言われても困るとも。

気にしないのが一番だし、そっとしたほうがいい事もあると。

身近な体験ほど、考えてさせられます。

まぁ、そう考えて思いにふけるのが怪談話の醍醐味ですけどね。

ちなみに、大判小判がある古墳の場所は絶対教えてくれません(笑)

県の歴史物になってはいるそうですが、
好きで近づくのは学者か泥棒だろうと。
調査中も色々不幸があり、手をつけられないそうですよ。
主人いわく、入ったすべての人が無事に過ごせる事はないと言ってました。